ID-POS意思決定支援クラウドサービス ビズープ

サイバーリンクス
食品スーパーマーケット/ドラッグストア/ホームセンターさま向け
ID-POS意思決定支援クラウドサービス
ビズープ

BiZOOPeは食品スーパーマーケット/ドラッグストア/ホームセンターさま向けの最低58,000円/月(税別)からはじめられるID-POSデータ分析/開示システムです。

一般的なID-POS分析のメニューは一通り網羅しつつ、既に業務として確立された分析メニュー Tapir_MKを標準で実装しているから、MD/販促のあらゆる業務側面で顧客に寄り添い、競合から来店・利用を奪取する 勝利の切り札!

卸さま、メーカーさま向けのID-POS提案ツールとしてテンポラリーTapirもご用意しています。

売り場づくりで悩んだら

商品カット悩んだら

販促商品選ぶなら

クーポン出すなら

サプライチェーンで協働するなら



既に業務になっているからMD 販促マーケティング意思決定
ぜんぶ BiZOOPe におまかせ!

【NEW】お知らせ・更新情報

ID-POSの技術と実務 が、ターゲット顧客選定の技術と実務 のアップをもってひとまず完結しました(2024/06/03更新)

2024年7月1日 〜 更なる生産性を求め、サイバーリンクス システム2課は「フルテレワーク」へ!
静岡オフィス閉鎖のお知らせを掲載しました(2024/04/01更新)

新しいコンテンツ(2024/06/13更新)

人気のコンテンツ(2024/06/11更新)

おすすめコンテンツ(2024/06/05更新)

 1️⃣ なぜID-POSをおすすめするのか?を示します 

 2️⃣現場業務に1️⃣を落とし込む為の手順書集です 

 3️⃣ ライターの気まぐれレコメンド 

1)ID-POSなら絶対に売上が上がるのはなぜか?

マーケットとは商品の利用メリットと、顧客の価値観が出会う接点
マーケティング=マーケット+ingは、その 接点に働きかける事。

具体的には売場、チラシ、Web等での採用/カット、レイアウト、ターゲット顧客選定と言った仕事です

これは商品が顧客の目に触れる仕事すべてですから、MD、販促と呼ばれる小売業の仕事の大半(コア)が元来マーケティングです。


それに対してID-POSデータの本質接点記録ですから、マーケティングの為のデータと言えます。

小売業の仕事の大半(コア)であるマーケティングにはPOSデータ、ID-POSデータどちらの利用が妥当でしょうか?


POSデータは商品の動きを、ID-POSデータは商品と顧客の間に接点があった事を記録しています

接点に働きかける仕事を、その仕事に即した道具で行えば、今より絶対に売上はあがります

今までと道具が変われば、その使い方も今までとは変わります。

2) ID-POS意思決定支援クラウドサービス全体像

BiZOOPeは、ID-POS分析開示でサプライチェーン全体の意思決定支援可能な GCP 上のクラウドサービスです。

別途、POS分析開示版もご用意しています。

ID-POS分析開示版はサプライチェーンのパラダイムを商品視点のセリングから、自の顧客売り場に寄り添ったマーケティングへ、POS分析開示版は売場提案を根拠と検証があるものに変えます。

・メーカー、ベンダーの参画を得る事で、「忙しさ」 やID-POSにありがちな 「難しさ」 といったハードルを下げ、バイヤーの意思決定を楽にします。

・売上増が顧客の喜びに依拠するマーケティングによるものとなれば、”三方よし”  の取り組みとなります(喜ぶ人に喜ぶ事を)。

・通常小売業さま独自で 会費 を募って分析の開示を行っています。

BiZOOPeサービス全体像

全ご利用企業さまで一つの環境、一つのDB、一つのソースコードをシェア、データ量とユーザ数で公平にご負担頂く     ”マルチテナント方式” のクラウドサービスとする事で、個別のカスタマイズやお値引きはできませんが、最低月額58,000円〜(SM12店舗30ID相当)と    低価格 を実現しています。

3)ご利用企業さま(ID-POS/POS)

規模の大小を問わず、今やマーケティング=ID-POS分析は流通小売業勝ち残りの必須条件です。

競合の関係上、掲載許可を頂けていない10店舗以下の食品スーパーマーケットさま等でもご利用頂いています。

ID-POS活用における最大のボトルネックが、セリングからマーケティングへのパラダイムシフトである事を考えれば、寧ろ規模の小さな企業さま程その機動力を遺憾なく発揮し、市場を席巻する事が期待されます。

ゲンキー

ドラッグストア
ゲンキー株式会社
POS分析開示:2024/4/1〜

スーパー田子重

【食品スーパーマーケット】
株式会社田子重
POS分析開示:2023/4/1〜

加藤産業

【食品卸売業】
加藤産業株式会社

ID-POS提案ツール:2022/10/1〜

コープデリ

【食品スーパーマーケット】
コープデリ生活協同組合連合会
ID-POS分析開示:2022/6/1〜
POS分析開示:2022/6/1〜

スーパーアルプス

【食品スーパーマーケット】
株式会社スーパーアルプス
POS分析開示:2022/6/1〜

オークワ

【食品スーパーマーケット】
株式会社オークワ
ID-POS分析開示:2021/6/21〜
POS分析開示:2022/6/1〜

ベルク

【食品スーパーマーケット】
株式会社ベルク
ID-POS分析開示:2020/12/1〜

スーパーマーケットバロー

【食品スーパーマーケット】
株式会社バロー
ID-POS分析開示:2020/6/1〜

ホームセンターバロー

【ホームセンター】
株式会社ホームセンターバロー
ID-POS分析開示:2020/6/1〜

Vドラッグ

【ドラッグストア】
中部薬品株式会社
ID-POS分析開示:2019/11/1〜

★・・・エンハンスパートナー
売場での実証実験にご協力頂いている企業さまです。
実証実験の結果が良好且つ再現性があり、業界に幅広く必要であると判断される機能を、エンハンスで全ご利用企業さまに無償提供しています。

4)ご利用企業さまでのID-POS業務活用事例

「ビールとおむつ」のような伝説/実験止まりで無く、再現性のある日々の業務として、BiZOOPeの分析メニューTapir_MKの指標(採用順レコメンドマーケットセグメント)を使った以下のようなMD業務/販促業務が行われています。

【Tapir_MK:採用順とレコメンド】

採用順とレコメンド

Tapir_MK:マーケットセグメント(拡大顧客接点)】

マーケットセグメント:顧客接点と拡大顧客接点と最拡大顧客接点
商品差し替え・品揃え

採用順 を日常的な商品差し替えに使っています。
併せて レコメンド が付いた重点商品の販売実績が無い店舗への配荷確認を行っています。

棚割り・プラノグラム
BiZOOPe前利用者昨対比106%

BiZOOPeの生成する マーケットセグメント (拡大顧客接点)と 並び順 に従いゾーニング/コーナー化を行っています。商品カットは 採用順 に従っています。

棚POWERのハイライト分析

マーケットセグメントを棚POWERのハイライト分析で取り込み色分け、同一色を一箇所に集めてゾーニング/コーナー化を行っています

重点カテゴリー選定

ランチェスターに従い No.1シェアを狙う重点 マーケットセグメント を選択し、それをマーケットと見做して更にマーケット・セグメンテーションを掛ける事により、 レコメンド が付いたカテゴリーを重点カテゴリーに選定しています。

下図は販促の例ですが、重点カテゴリーの未利用者向けに発行したカテゴリークーポンの利用者率の例です。

カテゴリー未利用者に占めるカテゴリークーポン利用者率約20%
チラシ販促
BiZOOPe前チラシ利用者比130%

顧客接点のカニバリゼーションを避けて振られた  採用順 に従い商品を採用し、マーケットセグメント  と 並び順 に従い紙面配置を行っています。

レコメンド が付いた商品をアイキャッチに使っています。

ターゲット販促
BiZOOPe前単品クーポン利用者比257%

常時マーケットセグメント 中の最拡大顧客接点( seg_f)を販促ターゲットとする事で、最大限の利用と利用者の来店増  (0.3〜0.4回/月)を狙っています。

ご利用企業さまの声

BiZOOPeをバイヤーに実務で主体的に活用してもらうところまでの道のりは遠いと感じていますが、想定商圏の狭小化が進む中、お客様に選ばれる店になっていく為には、お客様の利用メリットをある程度のメッシュで捉える事は不可欠だと再認識しました。

販促手法のパーソナライズ化はお客様のデジタル化の波に乗っているうちは益々進むと思いますが、商品・売場(MD)に於いては、多様化という言葉で SKUを増やし続ける事に限界がくるはずです。

BiZOOPeによりお客様の買い方からのセグメンテーション、商品の優先度合い、商品間の相関を可視化する事が出来れば、効果的な選択と絞り込みが出来るようになると思います。

そこに可能性を大いに感じ、継続的に浸透させていく取り組みを進めていきたいと思います。

指標については【ロジック】実際には大量の計算が必要なのでBiZOOPeが計算します を、

事例の詳細については【ID-POS業務活用事例集】実際にどんな仕事に使っているのか? を、

具体的な業務への適用方法についてはID-POSの技術と実務ご覧下さい。

「ID-POSは難しい」 かもしれませんが、それは御社の競合にとっても 同じ事 です。

他社が真似るのが困難程、セリングからマーケティングのパラダイムシフトが受け入れ難い程、それ御社の真の 差別化/競争力たり得ます。

また、ID-POSの理解は顧客理解そのものです。

数字に表れてしまう程強い顧客の声を、避けて通る訳には行きません。

以上で紹介した業務に利用されている機能は、Tapir_MKたった一つだけですので、この一つさえ覚えてしまえば同じ事はできます。

更にはメーカー、ベンダーの参画を得る事で、「難しさ」「忙しさ」ハードルを下げて下さい。

私たちはID-POSによる意思決定=マーケティングが、消費者の為にも、日本の流通の常識になるべきだと考えています。


5)サービス導入ご検討材料リンク集

BiZOOPe ならびに テンポラリーTapir のご検討材料として、以下のようなページをご用意しています。

価格、ロジックからマニュアル迄(お客さまの機密情報以外)一切の隠し事はございませんし、お問い合わせページ以外、ファイルダウンロード等でmailアドレスを要求するようなページもございませんので、心行くまでセルフでご検討下さい。

6)導入に関するお問い合わせ・web商談

サービス導入に関するお問い合わせ、web商談(Google Meet)のお申し込み、デモサイトの利用申し込みこちら

デモサイトではデモデータを利用して、全ての分析を3日間お試し頂けます。

呼んで頂けるのであれば、私かちょーが直接お邪魔させて頂く事も(商売の可能性があればw)やぶさかではございませんので、ご用命ください。

C3−Lab

BiZOOPeならびに本ホームページはサイバーリンクス システム2課(C3-Lab)が企画、開発、導入、サポートのすべてを担当しています。
BiZOOPe(ビズープ)はサイバーリンクスの登録商標です。